芸能最新ニュース裏情報 芸能の現場から

ジャニーズ、アイドルから俳優、アーティスト 芸能の現場から最新ニュースをまとめます
 

2014年05月12日

伊藤英明の下半身はかなり立派だったとマキタスポーツ

1: れいおφ ★@\(^o^)/:2014/05/10(土) 14:16:46.70 ID:

伊藤英明(38)が10日、東京・TOHOシネマズ日劇2で行われた映画
「WOOD JOB! 〜神去なあなあ日常〜」(矢口史靖監督)初日舞台あいさつで、
マキタスポーツ(44)から「下半身がWOOD JOB!」と突っ込まれ、照れた。

マキタ 伊藤くんはトレーナーと半身浴をしていた。すごい体つきの2人…
その時、見た伊藤くんの下半身が、WOOD JOB! でした。

伊藤の男性自身が、かなり立派だったということを示唆するマキタの突っ込みに、
伊藤は「下ネタはやめて下さい。さわやかに笑ってください」と突っ込み返した。
マキタは「そういう映画なんだよっ!!」と返し、笑った。

矢口監督は「見終わったばかりのホットなお客さんの前なので(舞台あいさつは)
垣根を越えてバンバンやりましょう、と言った僕が間違えていた。
本当に、さっきから心臓が痛くて…みんな、何を言うんだと」と苦笑した。

この日は、林業を扱った映画ということから、製作委員会が“緑の特命大使”に
任命され、林芳正農相(53)から主演の染谷将太(21)に任命状が授与された。
授与の瞬間、長沢まさみ(26)も笑みを浮かべて見守っていた。

http://www.asahi.com/and_M/interest/entertainment/Cfettp11405100039.html
続きを読む
posted by 芸能ニュース裏情報の現場から at 10:17| Comment(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

春ドラマで人気芸能人のかけもちが多い理由は事務所とテレビ局の力関係崩壊が原因!?

1: 三毛猫φ ★@\(^o^)/:2014/05/11(日) 17:50:13.59 ID:

 今回の春ドラを2本以上見ている人ならば、俳優の「かけもち」出演の多さに気づくだろう。

 オダギリジョー(38才)は、主演の『リバースエッジ 大川端探偵社』(テレビ東京系)以外にも、
『アリスの棘』(TBS系)と『極悪がんぼ』(フジテレビ系)の計3本に出演。しかも『アリスの棘』は、
主人公を陰ながら助ける新聞記者役で、主要キャストのひとり。

 谷原章介(41才)も主要キャストとして『ホワイト・ラボ』(TBS系)、『SMOKING GUN』(フジテレビ系)、
NHK大河ドラマ『軍師官兵衛』と、同じく3本に出演している。

 香川照之(48才)も『MOZU Season1〜百舌の叫ぶ夜〜』と『ルーズヴェルト・ゲーム』と、大作ドラマ
2本の主要キャスト。どちらも同じTBS系だ。

 視聴者のなかには、「かけもち」出演に混乱する人も。

「『ルーズヴェルト』の香川さんは、『半沢』の大和田常務を彷彿とさせる悪役社長で、過剰な演技で
真剣なシーンなのに笑ってしまう。

『MOZU』では、犯人を追う刑事のひとりなんですが、『ルーズヴェルト』の演技がよぎってしまって、
“実は悪役だったりして”と思ったり…」(50代主婦)

 こうした「かけもち」が増えた背景には、テレビ局と芸能事務所の力関係の変化があるようだ。

「昔は“かけもち”が許されたのは、他のドラマと系統が違う時代劇の大河ドラマくらいでした。テレビ局が
芸能事務所より力を持っていたため、他のドラマに出演しないように言えたんです。

 しかし、今はパワーバランスが崩れ、芸能事務所にテレビ局がかけもち禁止と言えなくなった実情が
あります」(芸能関係者)

※女性セブン2014年5月22日号

http://www.news-postseven.com/archives/20140511_255441.html
続きを読む
posted by 芸能ニュース裏情報の現場から at 08:54| Comment(0) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年05月11日

松本人志「美味しんぼ」問題に持論「作品はみんなで作るもんじゃない」

1: Twilight Sparkle ★@転載禁止:2014/05/11(日) 12:57:28.24 ID:

お笑いコンビ「ダウンタウン」の松本人志(50)が11日、フジテレビの報道番組「ワイドナショー」(日曜前10・00)に出演。
漫画「美味しんぼ」に描かれた福島第1原発を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出す描写が物議を醸している件について持論を述べた。

松本は「美味しんぼ」の描写に非難が相次いでいることについて、「最近、すぐみんな抗議する」と近年の風潮に広げて話題を展開。
政治への抗議は当然としながらも、この件については「作品やから。みんなで作るもんじゃない。作者のものであって、
周りが抗議したって…外部の人間がストーリーを変えろとかいうのは、ちゃんちゃらおかしい」
と批判によって作品の内容を変えようとすることへの疑問を呈した。

自身も映画監督として活躍しているだけに「これに関しては漫画家さんが神、映画に関しては映画監督が神なんですよ」
と芸術作品は作者の側に“表現の自由”があると主張。「周りがごちょごちょ言って変えろとか言うのは神への冒とく」と続けた。

※記事の一部を引用しました。全文及び参考画像等はリンク先の元記事で御覧ください。
ソース: スポニチアネックス 5月11日(日)11時4分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140511-00000082-spnannex-ent

◆◆◆スレッド作成依頼スレ★860◆◆
http://peace.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1399524180/434
続きを読む
posted by 芸能ニュース裏情報の現場から at 13:37| Comment(1) | アイドル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

---------芸能アンテナヘッドライン---------